クリックすると上へスライドするtopボタン

劣化した就活の世界

ブログエントリー005

やっぱり久しぶりの更新となってしまいました。AKworksです。

さて、前回のエントリー(記事はコチラ)で約10年前に初めて就活した時の面接エピソードをお伝えしました。

いろいろ書きましたが簡単に説明すれば、

昔の採用担当者はそれなりに
採用担当能力があった

ということです。採用という業務に対する責任感のようなものがあったとも言えます。
では私が目の当たりにした(今もしてますが)企業の人事担当者の方々はどうなのかということです。

非常に残念ですがはっきり言って、

とてつもなく
採用担当能力が劣化している

という印象を強く受けます。具体的に以下のようなことです。

  • ・私には時間厳守を要求するのに相手は平気で遅刻する。遅刻しても誤りもしないで面接を始めようとする
  • ・(事前に応募書類を提出して持参しなくてもいいと連絡を受けているのに)面接時に応募書類の提出を当たり前のように求めてくる
  • ・履歴書や職務経歴書をまともに見ない、ロクに読もうともしないで適当な質問をしてくる
  • ・頬杖をついたり、ふんぞり返ったり、足や腕を組んだりと面接時の態度が非常に悪い(提出した書類の上に平気で肘をつく)
  • ・仕事内容や待遇について間違いや嘘が多すぎる(間違いを指摘しても本人達は正しいと信じて疑わないし取り合わない)
  • ・メールのやり取りで私の名前を間違えてメッセージを送信してくる(その後のフォローや謝罪の返事もなし)
  • ・エントリー後や面接後に採用結果を必ず伝えると約束したにも関わらず採用結果の返事を返さずにそのままスルーする
  • ・肝心の採用担当者が面接に来ないで代わりに採用に無関係な人間が面接に応じる(これはレアケース)
  • ・毎月のように繰り返し求人広告を出してくる(本気で人を採用する気があるのかとても疑問)
  • ・意味不明な圧迫面接…etc

彼ら現在の人事担当者は(全項目ではなくどれかの項目ですが)こうしたことを平気でやってのけます。全く自慢にはなりませんが私も相当数の企業と面接させていただきましたが、↑の項目に全く該当しない企業は1社もありません。

この記事を読んで皆さんはどう思います? 「就職活動なんてこんなもんだろ」あるいは「そこを何とか我慢・妥協して内定を取らなきゃ意味ないだろ」など捉え方は人それぞれあるでしょう。(↓に要約のイラスト)

「自称一流企業」イラスト

でも私に言わせれば内定云々、妥協云々以前に

普通に社会人失格でしょ!
アナタそれでも採用担当者なの!?

とツッコミを入れたくなります。今もなお「こんなレベルの人達」を相手に就職活動を継続中ですが、願わくば「ごく普通の」面接が行われることを願う今日このごろです。

現在の採用担当者達は採用に対する責任感が無さすぎる!

ブログ記事を読んでくれたお礼を現すキャラクター